linux 入門

CentOS8をPC実機にネットワークインストール(CD使用)

投稿日:

前回Windows上のVirtualBoxにCentOS8をインストールしました。

今回はPC実機にインストールしていきます。

まずインストールメディアを作成しますが、CentOS8からインストールisoファイルサイズが6.6Gbyteと大きくなり、光学メディアに保存するにはDVD1層4.7Gbyteではなく、2層のDVD-R DL(Dual Layer)9.5Gbyte が必要になりました。

(isoファイルは光学メディア等に展開されるデータイメージを1ファイルに纏めたファイルです。光学メディアに書き込むとファイルが展開されます。)

「2層メディアは手元に無いなぁ」という場合でも、インストールパッケージが非同梱で、CDにもDVDに焼ける、サイズの小さいネットワークインストールISOイメージ(543Mbyte)を使うことで対処できるので、今回はこの方法でインストールしていきたいと思います。

  1. ネットワークインストールisoイメージファイルをダウンロード
  2. CDまたはDVD(片面1層)に焼く
  3. ベースリポジトリを指定して実機にネットワークインストール

メディアさえ出来てしまえばハマリ処はベースリポジトリの設定くらいかな、と思います。

インストール環境

  • DELL OPTIPLEX 7020(Intel Core-i7、メモリ8Gbyte、DVD-Rドライブ付き)
  • 空CDまたはDVDメディア1枚

isoファイルをダウンロード

CentOS公式ダウンロードサイトの「More download choices」をクリック。
https://www.centos.org/download/

8の「mirrors」をクリック。

落としてくるサイトを選択します。今回はftp.iij.ad.jpを選択。

下図の赤枠上「CentOS-8-x86_64-1905-boot.iso」がネットワークインストール用イメージです。534MbyteとCDにも焼けるサイズになっています。

DVD-R DLメディアを持っている場合は赤枠下の「CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso」を落としておけばDVD単体でインストール出来るメディアが作れます。

ダウンロードしたisoファイルをメディアに焼く

空メディアをPCに入れて、使っているOSのライティング機能でisoを焼いておきます。

CentOSでネットワークインストールisoをCDに焼く場合。

# cdrecord -v speed=16 dev=1,0,0 ./CentOS-8-x86_64-1905-boot.iso

DVDに焼く場合。dvdrecordコマンドが入っていなければ入れておきます。
片面2層メディアなら6.6Gbyteのisoイメージも焼くことが出来ます。

# yum install dvdrecord
# dvdrecord -v speed=16 dev=1,0,0 ./CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso

インストール手順

(キャプチャ画像はVirtualBoxのものです)

メディアをPCに入れて電源ON

BIOS設定のブートシーケンス最優先がハードディスクになっている場合はCD/DVDを最優先にしておきます。(DELLの場合は電源ON直後にF12キーでBIOS設定に遷移)

「Install CentOS Linux 8.0.1905」を選択するとインストーラGUIが起動します。

ネットワークを有効化

ネットワークインストールの場合、インストールするRPMはインターネットからダウンロードする為先にネットワークが使えるようにしておきます。

右下から2番目のネットワーク設定をクリックしてNICをオン、DHCPなり手動でIPv4アドレスを割り当てておきます。

インストールリポジトリを設定

「インストールソース」をクリックしてインターネット上のベースリポジトリを設定します。

(*)今だけ、私の環境だけかも知れませんが、定番のftp.riken.jpの公開リポジトリを指定すると「 ベースリポジトリのセットアップ中にエラー 」が発生してしまった為、

http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/8.0.1905/BaseOS/x86_64/os/
を今回は指定しています。

警告が無くなればインストール開始

パーテーション設定、ソフトウェアの選択を済ませて「インストールの開始」をクリック。

インストール終了です。メディアをPCから取り出し、再起動してCentOS8が起動するか確認します。

まとめ

  • 片面2層のDVD-R DLメディアがあれば万全
  • なくてもネットワークインストールisoならインストール出来る

お仕事ではクラウド全盛で実機にOSインストールする機会は少なくなりましたが、社内開発環境を構築する時やプライベート学習用途ではまだまだ入れる機会があるかと思います。

2029年のサポート切れまで10年、出来ればDVD-R DLに焼いておいて簡単にインストール出来るようにしておきたいですね。

-linux, 入門

執筆者:

関連記事

各種OSでのインデックスを使用した高速ファイル名検索と全文検索【Linux編】

目次1 目的2 環境3 使用コマンド4 ファイル名検索5 全文検索6 補足とインデックス更新7 まとめ 目的 CentOS上に存在する全ての「~.java」ファイルをリストアップします。上記の内「Sy …

テキストファイル内の改行コード差異を見つけるワンライナー

ファイル内容は同じなのにdiffで違いが出るWeb上でソースレビューする時に同じ内容の行なのに差分が出て紛らわしい これらの原因はWindows、Mac、Linuxが入り混じった、改行コードが統一され …

開発用PostgreSQLをCentOSにインストールしてSQLを流すまで

開発や勉強に使う為のPostgreSQLをCentOSにインストールします。 インストールから基本操作を体験して、0からデータベースを構築する経験を積んでおきます。 目次1 環境2 インストール手順を …

開発用PostgreSQLをインストールした後の外部接続、ユーザ作成、認証周りの設定

ローカル開発用にPostgreSQLを入れた後、開発や分析をし易くする為に外部ホストからパスワード付き接続出来るようにしていきます。 また、postgresスーパーユーザは権限が強すぎて開発アプリから …

LinuxでDOOMをプレイ(ゲームソースコードをコンパイル)

「IT業界に”技術者”として身を置く人はおよそ100%コンピュータゲーム好き、あるいは若い頃にハマった経験がある」という仮説を唱えてやまない投稿主です。 そんなゲーム好きな皆様(決めつけ)は「arch …

 

shingo.nakanishi
 

東京在勤、1977年生まれ、IT職歴2n年、生涯技術者として楽しく生きることを目指しています。デスマに負けず健康第一。