One IT Thing

IT業界を楽しむ為の学習系雑記

linux 入門

CentOS8をPC実機にネットワークインストール(CD使用)

投稿日:

前回Windows上のVirtualBoxにCentOS8をインストールしました。

今回はPC実機にインストールしていきます。

まずインストールメディアを作成しますが、CentOS8からインストールisoファイルサイズが6.6Gbyteと大きくなり、光学メディアに保存するにはDVD1層4.7Gbyteではなく、2層のDVD-R DL(Dual Layer)9.5Gbyte が必要になりました。

(isoファイルは光学メディア等に展開されるデータイメージを1ファイルに纏めたファイルです。光学メディアに書き込むとファイルが展開されます。)

「2層メディアは手元に無いなぁ」という場合でも、インストールパッケージが非同梱で、CDにもDVDに焼ける、サイズの小さいネットワークインストールISOイメージ(543Mbyte)を使うことで対処できるので、今回はこの方法でインストールしていきたいと思います。

  1. ネットワークインストールisoイメージファイルをダウンロード
  2. CDまたはDVD(片面1層)に焼く
  3. ベースリポジトリを指定して実機にネットワークインストール

メディアさえ出来てしまえばハマリ処はベースリポジトリの設定くらいかな、と思います。

インストール環境

  • DELL OPTIPLEX 7020(Intel Core-i7、メモリ8Gbyte、DVD-Rドライブ付き)
  • 空CDまたはDVDメディア1枚

isoファイルをダウンロード

CentOS公式ダウンロードサイトの「More download choices」をクリック。
https://www.centos.org/download/

8の「mirrors」をクリック。

落としてくるサイトを選択します。今回はftp.iij.ad.jpを選択。

下図の赤枠上「CentOS-8-x86_64-1905-boot.iso」がネットワークインストール用イメージです。534MbyteとCDにも焼けるサイズになっています。

DVD-R DLメディアを持っている場合は赤枠下の「CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso」を落としておけばDVD単体でインストール出来るメディアが作れます。

ダウンロードしたisoファイルをメディアに焼く

空メディアをPCに入れて、使っているOSのライティング機能でisoを焼いておきます。

CentOSでネットワークインストールisoをCDに焼く場合。

# cdrecord -v speed=16 dev=1,0,0 ./CentOS-8-x86_64-1905-boot.iso

DVDに焼く場合。dvdrecordコマンドが入っていなければ入れておきます。
片面2層メディアなら6.6Gbyteのisoイメージも焼くことが出来ます。

# yum install dvdrecord
# dvdrecord -v speed=16 dev=1,0,0 ./CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso

インストール手順

(キャプチャ画像はVirtualBoxのものです)

メディアをPCに入れて電源ON

BIOS設定のブートシーケンス最優先がハードディスクになっている場合はCD/DVDを最優先にしておきます。(DELLの場合は電源ON直後にF12キーでBIOS設定に遷移)

「Install CentOS Linux 8.0.1905」を選択するとインストーラGUIが起動します。

ネットワークを有効化

ネットワークインストールの場合、インストールするRPMはインターネットからダウンロードする為先にネットワークが使えるようにしておきます。

右下から2番目のネットワーク設定をクリックしてNICをオン、DHCPなり手動でIPv4アドレスを割り当てておきます。

インストールリポジトリを設定

「インストールソース」をクリックしてインターネット上のベースリポジトリを設定します。

(*)今だけ、私の環境だけかも知れませんが、定番のftp.riken.jpの公開リポジトリを指定すると「 ベースリポジトリのセットアップ中にエラー 」が発生してしまった為、

http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/8.0.1905/BaseOS/x86_64/os/
を今回は指定しています。

警告が無くなればインストール開始

パーテーション設定、ソフトウェアの選択を済ませて「インストールの開始」をクリック。

インストール終了です。メディアをPCから取り出し、再起動してCentOS8が起動するか確認します。

まとめ

  • 片面2層のDVD-R DLメディアがあれば万全
  • なくてもネットワークインストールisoならインストール出来る

お仕事ではクラウド全盛で実機にOSインストールする機会は少なくなりましたが、社内開発環境を構築する時やプライベート学習用途ではまだまだ入れる機会があるかと思います。

2029年のサポート切れまで10年、出来ればDVD-R DLに焼いておいて簡単にインストール出来るようにしておきたいですね。

-linux, 入門

執筆者:

関連記事

PostgreSQL11に一般ユーザ権限でサンプルDB「dvdrental」をpg_restore

データベースインストール後にサンプルデータを投入することで、DBをバックエンドにして動作する他ミドルの検証が楽になったりすることがあります。 それぞれのデータベースで代表的なサンプルデータセットの存在 …

Termuxで動作が確認できたターミナルゲーム4つ

Android端末をroot化せずにLinux環境を独自構築する神アプリ「Termux」。  play.google.comTermux – Apps on Google Playhttps …

pgadmin4をCentOS7にインストールしてサーバモードで起動する手順

目次1 はじめに1.1 pgadmin3時代1.2 pgadmin4時代2 前提3 環境4 手順4.1 1.yumリポジトリ追加。pgdg(ポスグレ本家)、epel(python関連用)4.2 2.p …

Linuxコマンドラインで英語を日本語翻訳、cowsayは日本語を話せる

サバサバしがちなIT開発現場、一服の潤いが必要ですね。以前、Linuxログインした時に牛に格言を喋らせる伝統芸能を試しました。  One IT ThingLinuxのシェルログイン時、牛に格 …

Linux、Macでハードディスクが一杯になった時の対処

「いつの間にかハードディスク一杯になってた・・・」 運用側が10:0で言い訳出来ない障害の一つなんじゃないでしょうか。 怖い先輩(上役)に体育館裏(会議室)に連れていかれる恐怖を思い出します。 運管ミ …


shingo nakanishi。東京で消耗中の職歴20年越え中年ITエンジニアです。「生涯現役プログラマを楽しむ」ことができる働き方探しをライフワークにしています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。