One IT Thing

IT業界を楽しむ為の学習系雑記

linux 入門

CentOS8をVirtualBoxにインストールしてXからdnfを打つまで

投稿日:2019年10月3日 更新日:

2019年9月24日(米時間)CentOS8がリリースされました。

RHEL8リリースから4か月、まだかまだかとリリース進捗を眺めていた方も多かったのではないでしょうか。

「時間が出来たら入れてみよう」と思いつつ、まだ試せてない方もいらっしゃるかと思うので、VirtualBoxにインストールした手順、ハマった点、感想を事前に共有できればと思います。

環境

  • Windows 10(CPU:Intel Core-i7、Memory:16Gbyte)
  • VirtualBox 6.0.12

留意点

VirtualBoxデフォルトのスクリーンアスペクト比だと画面に収まらない

CentOS8からインストールの項目列が3列になり、デフォルトのスクリーン解像度設定では画面右側が収まらなくなりました。

この事象はインストール前の設定で「グラフィックスコントローラ」を「VMSVGA」から「vBoxSVGA」に変更することで回避できます。

ただこちらの環境の場合、この設定ではインストール終了間際で「ファミカセがしっかり刺さってないのに電源をONしてしまったような画面」を喰らって再起動後に起動しないという状況になりました。

もし同じ状況になった場合、画面に収まらなくてもVMSVGAのままインストールすることで回避が出来ました。

ダウンロードしたDVD isoイメージは6.6Gbyteで片面1層DVDには焼けない

RHEL同様、片面一層DVD(4.7Gbyte)では焼けない大台を超えました。minimalの提供も今のところないようです。

実機にインストールする為には片面2層のDVDメディアに全データを焼いてしまうか、ネットワークインストールであれば534MbyteなのでCDでも事足ります。

今回はDVD isoイメージのまま、Virtual Boxで光学メディアマウントしてインストールしていきます。

インストール手順

1.virtual boxを立ち上げ、「新規」ボタンクリック

「CentOS8」とでも名前を付け、タイプ「Linux」、バージョン「Red Hat(64-bit)」を選択。

2.メモリは4Gbyte以上確保したい

公式では8Gbyteが推奨となっています。

4GbyteではXを動かすとストレスがかなりあります。今回はお試しVMインストールなので4Gbyteにします。

3.Xを入れるならハードディスクは8Gbyte以上

最初8Gbyteで設定したらインストール時に容量が足りない旨のエラーに阻まれたので20Gbyteで設定しました。

4.DVDイメージをマウント

「設定」→「ストレージ」→「コントローラIDE」の右側アイコンをクリックしてダウンロードしたisoイメージをマウント。

5.電源ON

「起動」ボタンをクリックして電源を入れます。

「Install CentOS Linux 8.0.1905」を選択。
画面をクリックしてマウスがVMの中に入ったら、右側のCtrlキーでホスト上のマウスに復帰出来ます。

6.言語設定

「日本語」で設定。

7.インストール項目選択

「インストール先」、「時刻と日付」、「ネットワークとホスト名」の三つを設定。

8.NICをオン

IPアドレス:10.0.2.15で起動。

9.タイムゾーン設定

アジア、東京を選択。
世界地図のオシャレな画面になりました。

10.インストール開始

11.ユーザを作成

root、一般ユーザを作成しておきます。

後は放置。

12.DVDをアンマウントして再起動

インストールが終了したので、4でマウントしたDVD isoをアンマウントして再起動。入れたまま起動するとまたインストーラが走ってしまいます。

13.ライセンスに同意する

「ライセンスに同意しない」になっているのでクリックして同意します。

14.ログイン

インストール中に作成した一般ユーザでログイン。

15.インストール後の設定を終わらせる

インターネットストレージの使用有無などを設定。

16.X起動

上部メニューが「アクティビティ」一個になって簡略化されました。

RHEL8をまだ触っていないのでdnfを初めて打てました。
yumがシンボリックリンクになっていて間違って打っても動きます。

17.python2は要インストール

python3コマンドとしてpython3.5.8がデフォルトインストールされています。python2を使いたい場合は別途インストールが必要です。早く3に統一されて欲しいですね。

まとめ

X.orgを立ち上げてマウス操作すると4Gbyteメモリ1CPUコアだと結構もっさりするので要多めのリソース、といった印象です。

Xを入れずにSSHサーバとして活用する分にはこのVMリソースでも十分に使うことが出来ました。

CentOS8のサポート切れは2029年、これから10年間仲良く付き合っていきたいところです。

-linux, 入門

執筆者:

関連記事

Termuxで動作が確認できたターミナルゲーム4つ

Android端末をroot化せずにLinux環境を独自構築する神アプリ「Termux」。  play.google.comTermux – Apps on Google Playhttps …

Linuxコマンドラインで英語を日本語翻訳、cowsayは日本語を話せる

サバサバしがちなIT開発現場、一服の潤いが必要ですね。以前、Linuxログインした時に牛に格言を喋らせる伝統芸能を試しました。  One IT ThingLinuxのシェルログイン時、牛に格 …

PostgreSQL11に一般ユーザ権限でサンプルDB「dvdrental」をpg_restore

データベースインストール後にサンプルデータを投入することで、DBをバックエンドにして動作する他ミドルの検証が楽になったりすることがあります。 それぞれのデータベースで代表的なサンプルデータセットの存在 …

LinuxでDOOMをプレイ(ゲームソースコードをコンパイル)

「IT業界に”技術者”として身を置く人はおよそ100%コンピュータゲーム好き、あるいは若い頃にハマった経験がある」という仮説を唱えてやまない投稿主です。 そんなゲーム好きな皆様(決めつけ)は「arch …

Linuxのシェルログイン時、牛に格言を喋らせる

sshコマンドやteratermでLinuxにログインした時、在り来たりなプロンプトじゃなくて何か役に立つ情報が表示されたら、開発プロジェクトの雰囲気もちょっと潤うかも知れません。 Linuxコマンド …


shingo nakanishi。東京で消耗中の職歴20年越え中年ITエンジニアです。「生涯現役プログラマを楽しむ」ことができる働き方探しをライフワークにしています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。