linux 開発インフラ

VirtualBoxにUbuntu18.04をインストール(SSH接続するまで)

投稿日:2020年1月4日

2019年も変わらずLinuxディストリシェアトップをキープしたUbuntuをVirtualBoxでインストールします。

SIerだとRedhatと繋がりのある企業傘下で開発することが多い(気がする)のでお仕事でUbuntuを使うことは、RHEL(Red Hat Enterprise Linux) or CentOSと併せて半々くらいなイメージです。

ただWeb系だとLinuxはUbuntuが多いですし、Ubuntuでしか出来ない事(Android版Chromiumのビルドとか)もあるので、Ubuntuの環境持ってないよ、という方はVirtualBoxで入れておけば事足ります。

環境

  • Windows 10
  • VirtualBox 6.0.4
  • Ubuntu 18.04.3 LTS

VirtualBoxインストール

最新版をインストールしておきます。今回は6.0.14。

Ubuntuのisoファイルをダウンロード

18.04.3 LTSをダウンロード。後でVirtualBoxから読み込みます。

VirtualBoxの設定

VirtualBoxを起動し、新規VMを作成

メモリサイズ設定。最低限8Gbyteは欲しいところ。

ハードディスクサイズ設定。用途によってお好きな容量で。
(Chromiumをビルドする場合は100Gbyteは最低限必須)

「設定」→「ストレージ」から光学メディアを追加。ダウンロードしたubuntuのISOファイルを指定後、起動。

Ubuntuインストール

「日本語」に設定。

日本語に設定。

通常のインストール

ディスクを削除してUbuntuをインストール

Tokyo

ユーザ作成。

インストール中。気長に待つ。

インストール完了。

再起動前に光学ドライブからisoファイルを抜いておく。

再起動してログイン。

設定ウィザードを終わらせる。

インストール完了です。

インストール後設定

解像度を上げる

デスクトップ左下のアイコンからアクティビティを開き、「display」で検索。

好みの解像度に設定。

SSHサーバをたてて外部から接続

ターミナルを起動してOpenBSD Secure Shell Serverインストール。

$ sudo apt install ssh

sshサーバが起動したか確認。

$ systemctl status ssh

Oracle VM VirtualBox マネージャー画面から「設定」→「ネットワーク」→「高度」→「ポートフォワーディング」。

ホストIPの任意ポート(今回は192.168.0.5:2222)をゲストOSのSSHポート(10.0.2.15:22)にフォワードさせる。

teraterm等SSHクライアントで接続。

Ubuntuの開発環境が手に入りました。

プログラム開発環境にするも良し、機械学習を勉強するも良し、Chromiumのビルドをしてみるも良し。活用していきましょう。

-linux, 開発インフラ
-,

執筆者:

関連記事

LinuxでDOOMをプレイ(ゲームソースコードをコンパイル)

「IT業界に”技術者”として身を置く人はおよそ100%コンピュータゲーム好き、あるいは若い頃にハマった経験がある」という仮説を唱えてやまない投稿主です。 そんなゲーム好きな皆様(決めつけ)は「arch …

各種OSでのインデックスを使用した高速ファイル名検索と全文検索【Linux編】

目次1 目的2 環境3 使用コマンド4 ファイル名検索5 全文検索6 補足とインデックス更新7 まとめ 目的 CentOS上に存在する全ての「~.java」ファイルをリストアップします。上記の内「Sy …

CentOSで暗号鍵用のパスワードを生成

そこそこ長くて文字種の入り混じった強度の高いものを自分で考えるのは面倒です。 暗号化処理を使う際に必要なパスワード文字列を、mkpasswdコマンドでいい感じに生成出来るようにしておきます。 目次1 …

podmanをdockerとして使う

docker代替としてRHEL系OSにデフォルト搭載されたpodmanは当初、dockerを期待している他周辺ソフトウェア(docker-componseやgitlab-runnerなど)と素直に通信 …

認証付きHTTPプロキシを認証無しで利用する下位プロキシをsquidで構築

目次1 はじめに2 環境3 手順3.1 squidをインストール3.2 /etc/squid/squid.confを設定4 squid起動4.1 3128ポート開放4.2 各種端末で上記プロキシを設定 …

 

shingo.nakanishi
 

東京在勤、1977年生まれ、IT職歴2n年、生涯技術者として楽しく生きることを目指しています。デスマに負けず健康第一。