One IT Thing

IT業界で飯を食う為の学習系雑記

CentOS linux PostgreSQL

CentOS8にPostgreSQL12をインストールする手順

投稿日:

以前CentOS7にPostgreSQL11をインストールしてSQL実行しました。

今回はCentOS8、PostgreSQL12バージョンです。
yumがdnfに変わったくらいで基本的な手順は変わりません。

構築する環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)

$ psql --version
psql (PostgreSQL) 12.3

構築開始

公式サイトでOSバージョン、PostgreSQLバージョンを選んで手順を確認しておきます。

pgdgリポジトリファイルをインストール

CentOS7時代とURLが変わっており、7のままだとインストールがコケます。

# dnf install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/reporpms/EL-8-x86_64/pgdg-redhat-repo-latest.noarch.rpm

/etc/yum.repos.d/pgdg-redhat-all.repoが追加されたことを確認。

# ls -l /etc/yum.repos.d/

  (snip)

-rw-r--r--  1 root root 9154  4月 27 06:40 pgdg-redhat-all.repo

既存PostgreSQL関連モジュールを無効化

新規インストールだけど公式手順に従います。yum時代には無かった親切機能。

# dnf -qy module disable postgresql

インストール

# dnf install postgresql12-server

postgresql12-serverをインストールすると依存で

  • postgresql12
  • postgresql12-libs

もインストールされます。

データベースを初期化

/var/lib/pgsql/12/dataディレクトリを生成します。

# /usr/pgsql-12/bin/postgresql-12-setup initdb
Initializing database ... OK

起動

常時起動設定、起動。

# systemctl enable postgresql-12
# systemctl start postgresql-12
# systemctl status postgresql-12

動作確認

postgresスーパーユーザになって動確してみます。

# su - postgres

$ psqlpsql (12.3)
"help"でヘルプを表示します。

postgres=# \l
                                         データベース一覧
   名前    |  所有者  | エンコーディング |  照合順序   | Ctype(変換演算子) |     アクセス権限
-----------+----------+------------------+-------------+-------------------+-----------------------
 postgres  | postgres | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       |
 template0 | postgres | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | =c/postgres          +
           |          |                  |             |                   | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8             | ja_JP.UTF-8 | ja_JP.UTF-8       | =c/postgres          +
           |          |                  |             |                   | postgres=CTc/postgres
(3 行)

postgres=# select version();
                                                version
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 PostgreSQL 12.3 on x86_64-pc-linux-gnu, compiled by gcc (GCC) 8.3.1 20191121 (Red Hat 8.3.1-5), 64-bit
(1 行)

一般ユーザ作成、外部接続設定

CentOS7、PostgreSQL11時代と変わりはありません。以下参照です。

-CentOS, linux, PostgreSQL
-

執筆者:

関連記事

Omnibus版のGitLab、Mattermostデータベースに外部ホストからJDBCで接続

Omnibusで入れたPostgreSQLは、 Unix Domainソケットで接続待機Peer認証で認証 していて外部からの接続は出来ないことが前回分かりました。 One IT Thing …

「Jailer Database Tool」でDB関連作業を効率化

開発時のデータベースクライアントは何を使っていますか?A5? 「Jailer Database Tool」を使っていないなら、普段使いツールに加えるとちょっとデータベースの見え方が変わるかも知れません …

PostgreSQL エポックタイムカラムを今月初~今月末で範囲検索

エポックタイムは1970年1月1日 0時0分0秒から現在までの秒数。 PostgreSQLではこれを人間に読みやすいTIMESTAMP型(’2019-09-04 00:00:00&#821 …

開発用PostgreSQLをインストールした後の外部接続、ユーザ作成、認証周りの設定

ローカル開発用にPostgreSQLを入れた後、開発や分析をし易くする為に外部ホストからパスワード付き接続出来るようにしていきます。 また、postgresスーパーユーザは権限が強すぎて開発アプリから …

PostgreSQL11に一般ユーザ権限でサンプルDB「dvdrental」をpg_restore

データベースインストール後にサンプルデータを投入することで、DBをバックエンドにして動作する他ミドルの検証が楽になったりすることがあります。 それぞれのデータベースで代表的なサンプルデータセットの存在 …

 

shingo.nakanishi
 

東京在勤、職歴20年越え中年ITエンジニアです。まだ開発現場で頑張っています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。

私と同じく、今後IT業界で生計を立てて行きたいと考えている方や、技術共有したいけどフリーランスで孤独、といった方と一緒に成長、知識共有して行けたら楽しいな、と思っています。