One IT Thing

IT業界で飯を食う為の学習系雑記

linux security

CentOSで暗号鍵用のパスワードを生成

投稿日:

そこそこ長くて文字種の入り混じった強度の高いものを自分で考えるのは面倒です。

暗号化処理を使う際に必要なパスワード文字列を、mkpasswdコマンドでいい感じに生成出来るようにしておきます。

mkpasswdコマンドをインストール

デフォルトでmkpasswdコマンドが入っていないので、どのRPMパッケージで提供されるか調査。

# yum provides \*/mkpasswd

    (snip)

expect-5.45-14.el7_1.x86_64 : A program-script interaction and testing utility
リポジトリー        : base
一致          :
ファイル名    : /usr/bin/mkpasswd

expectに入っていることが分かったのでインストール。

# yum install expect

    (snip)

インストール:
  expect.x86_64 0:5.45-14.el7_1

依存性関連をインストールしました:
  tcl.x86_64 1:8.5.13-8.el7

完了しました!

/bin/mkpasswdが入りました。

# which mkpasswd
/bin/mkpasswd

パスワード生成関連オプション

man mkpasswdするかWeb版manページで確認。

-lパスワードの長さ。指定しなかった場合のデフォルトは9。
-d数字を含める最低数。デフォルト2。
-c小文字アルファベットを含める最低数。デフォルト2。
-C大文字アルファベットを含める最低数。デフォルト2。
-s記号を含める最低数。デフォルト1。
-2左手と右手を交互に使うように生成。

-2は面白いけど暗号化パスワード生成が目的なので今回は使わないですかね(^_^;

パスワード生成例

  • パスワードの長さ16桁
  • 数字が4文字
  • 小文字アルファベットが4文字
  • 大文字アルファベットが4文字
  • 記号が4文字

で構成されるパスワードを生成してみます。

# mkpasswd -l 16 -d 4 -c 4 -C 4 -s 4
G07&%yI0rm4Fw"/R

ここまで厳密に指定しなくても、デフォルト値で全ての文字種を入れてくれます。

桁数さえ決めれば、man通りのサンプルコマンド例でも十分ですね。

# mkpasswd -l 15 -d 3 -C 5
2s$jBR8Dx9CMvbc

秘密鍵や公開鍵のパスワードを決める際に頭を悩まさずに済むようになりました。

-linux, security
-,

執筆者:

関連記事

mkcertとhttp-serverでHTTPS環境を作りAndroid(chrome)、iPhone(safari)から接続

簡単にパーフェクトなオレオレ証明書が作れるとgithub上で人気上昇中の「mkcert」。  GitHub  129 usersFiloSottile/mkcerthtt …

電子署名法で求められる「本人性」と「非改ざん性」の実現方法をざっくり理解する

2019年現在ではマイナンバーカードが流通し始め、インターネット上で公的な申請が完了できる体制が整いつつあります。 日本は古式ゆかしい申請制度がしっかりしているのでなかなか諸外国より電子化が進みません …

主要ブラウザに保存させたパスワードの確認方法を比較してみる(Firefoxをメインブラウザにしない理由)

アクセスしたサイトのパスワードをブラウザに覚えてもらったけどなんて入れたっけ? なんてこと結構あるんじゃないかと思います。 各種ブラウザとも覚えさせたパスワードは後から確認が出来るのでそれぞれの方法を …

H2 Databaseで生成したSHA256値をJavaで生成したSHA256値と比較してみる

ファイル、サーバ、メモリ、様々な動作形態がとれてプロトタイピングや、配布アプリの組み込みDBとして便利に使えるPure Javaデータベースの「H2」。  h2database.com&nb …

Chrome76でシークレットモード非検知を実現出来なかった件の検証

2019/07/30にChrome76がリリースされました。 76では以前からGoogleが問題視していた「閲覧者がシークレットモードでみているかどうか運営側が分かってしまう」が解決されるはずでした。 …

 

shingo.nakanishi
 

東京在勤、職歴20年越え中年ITエンジニアです。まだ開発現場で頑張っています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。

私と同じく、今後IT業界で生計を立てて行きたいと考えている方や、技術共有したいけどフリーランスで孤独、といった方と一緒に成長、知識共有して行けたら楽しいな、と思っています。