One IT Thing

IT業界を楽しむ為の学習系雑記

java network perl

JavaとPerlでUDPソケット通信

投稿日:2019年5月24日 更新日:

はじめに

本棚を整理していたらラクダ本が出てきました。うわー懐かしい、とついつい昔を思い出して読みふけってしまいました。

懐かしさ余って単純なUDPソケット通信プログラムを書いてみました。

対象読者

  • perlでスクリプトを書いたことが無い方。
  • perlの全盛期を知らないミレニアル世代の方。
  • perlと聞くと若かりし頃を思い出すアラフォー世代の方。

実装

UDPサーバ(Perl)

昔Cygwinで勝手に入ったPerl5.8です。5000/udpポートで待ち受けます。
(5.10から入ったsayを使おうとしたら有りませんでした・・・)

#!/usr/bin/perl
#udpserver.pl

#use 5.10.0;
use IO::Socket::INET;

# 標準出力をオートフラッシュ
$| = 1;

# ソケット、受信データ変数定義
my ($socket, $received_data);

# クライアントIP、ポート変数定義
my ($peeraddress, $peerport);

$socket = new IO::Socket::INET (
LocalPort => '5000',
Proto => 'udp',
Reuse => 1,
Type => SOCK_DGRAM
) or die "ERROR in socket creation : $!\n";

while(1)
{
    # ソケット受信待ち
    $socket->recv($recieved_data,1024);

    # 接続してきたクライアントのIPとポートをダンプ
    $peer_address = $socket->peerhost();
    $peer_port = $socket->peerport();
    # say "\n($peer_address, $peer_port) said : $recieved_data";
    print "\n($peer_address, $peer_port) said : $recieved_data";

    # 接続してきたクライアントにデータを返信
    $data = "data from udp server\n";
    # say $socket "$data";
    $socket->send($data);

}

$socket->close();

UDPクライアント(Java)

Java8です。Eclipse使ってます。

package com.sample.snippet;

import java.io.InterruptedIOException;
import java.net.DatagramPacket;
import java.net.DatagramSocket;
import java.net.InetSocketAddress;

public class UDPClient {

	public static void main(String[] args) throws Exception {
        // UDPサーバに送信するデータ
		byte[] sendData = "UDP send test".getBytes();

        // UDPサーバから受信するデータ
		byte[] receiveData = new byte[16];

        // リトライ回数
		int tries = 0;

        // 応答可否
		boolean response = false;

        // UDPパケットを作成
		InetSocketAddress serverAddress = 
            new InetSocketAddress("192.168.0.5", 5000);
		DatagramSocket socket = new DatagramSocket();
		socket.setSoTimeout(4000);
		DatagramPacket sendPacket = 
            new DatagramPacket(sendData, sendData.length, serverAddress);
		DatagramPacket receivePacket = 
            new DatagramPacket(receiveData, receiveData.length);

        // 送信失敗した場合は5回リトライ
		do {
			socket.send(sendPacket);

			try {
				socket.receive(receivePacket);
				response = true;
			} catch (InterruptedIOException e) {
				tries++;
				System.out.println("Try!!");
			}
		} while ((!response) && (tries < 5));

		if (response) {
			System.out.println(new String(receivePacket.getData()));
		} else {
			System.out.println("No Response!!");
		}
	}
}

実行

perlコマンドでUDPサーバを起動し、EclipseからUDPClientを実行します。(3回やってます)

C:\src\perl>perl udpserver.pl

(192.168.0.5 , 58633) said : UDP send test
(192.168.0.5 , 60942) said : UDP send test
(192.168.0.5 , 60947) said : UDP send test

Eclipse側コンソール。

data from server

応用すれば正確性を求められない、弾数の多い通信に使えますね。

まとめ

学生の頃(1990年代後半)インターネットが急速に普及し、HTMLとPerlが書ければ10代の若造でもアルバイト代が時給1,500円~2,000円くらい貰えていました。お金の無い学生には有難い収入でした。2000年に入り社会人になってからも3回ほどPerlを使って仕事をしたことが有ります。昔はPerlで飯が食えていました。

当時は「スクリプト言語でWeb(CGI)と言えばPerl」でしたが今やスクリプト言語といえばPython、Ruby、PHPの時代です。2016年に15年ぶりのメジャーバージョンアップでPerl6が出ましたが、日本でのニーズは厳しいものがありますし、今や覚えるメリットも少ないかも知れません。

とは言えPerlはRubyやPythonの基礎になった先人です。なんでも基になったものを知ると知識の裾野が広がるものです。

昔は嫌いな言語トップ3に入っていたJavascriptが今や人気トップ3言語だったりしますし、RubyがRailsの普及と共にシェアを伸ばしたように、めちゃくちゃ凄い機械学習ライブラリとかがPerlで開発されたら皆Perlに飛びついてシェアが復活する可能性もゼロではないです。

Perlが再注目されるようなことが有ったら面白いですね。言語シェアを伸ばすのはそのプラットフォームに居るプログラマ次第なんだと思います。

気分転換&昔が懐かしくなったら現実逃避を兼ねてまた何かPerlで書いてみたいと思います。

-java, network, perl

執筆者:

関連記事

ブラウザでRSA暗号化したデータをサーバで復号する(Angular + JSEncrypt、Spring MVC)【前編】

セキュリティ的にクリティカルなデータをクライアントブラウザで暗号化保存するようにしてみます。 通信経路はHTTPSで暗号化されていてもスマホに重要なデータが平文で残っていたら珠に傷です。 目次1 環境 …

特定ドメインのサブドメインを探る

注:dnsmapは第三者サーバに対しては使用せず、自分の管理ドメインに対してセキュリティ確認用途でご使用ください。 昨今のDNSサーバはゾーン転送が抑制されており、サブドメイン情報を引っ張ってくること …

Spring&JSPの検証環境を速攻で作る

2019年現在、オワコン風潮の強いJSPですが使っているプロジェクトもまだまだあり、枯れた技術を好む官公庁系のプロジェクトでは根強いシェアを誇っています。実装検証をする為に環境を作る機会があったりする …

グローバルIP確認をコマンド化

「Dynamic DNSサービスで定期的にDNS更新をしなきゃいけないけど、固定IPじゃないから変わった時に一々調べるのが煩わしい」 手で調べるのは面倒くさいです。停電なんかでONUが再起動してIPが …

優秀なJava開発者になる為の10のステップ

プログラミングで生計を立てるなら企業ニーズの多いJavaはリターンの多い言語ですから使えるようになっておいて損はありません。 Javaはこの先まだまだ隆盛を誇るでしょうから、優秀なJava開発者になれ …


shingo nakanishi。東京で消耗中の職歴20年越え中年ITエンジニアです。「生涯現役プログラマを楽しむ」ことができる働き方探しをライフワークにしています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。