One IT Thing

IT業界で飯を食う為の学習系雑記

android windows プチハマリ解決日記

adb devicesコマンドでAndroid端末を認識しない

投稿日:2019年5月23日 更新日:

事象

USB接続するAndroidによって以下のエラーが出たりします。

C:\src\ionic\awsomeapp>adb devices
List of devices attached
adb server version (31) doesn't match this client (39); killing...
error: could not install *smartsocket* listener: cannot bind to 127.0.0.1:5037: 通常、各ソケット アドレスに対してプロトコル、ネットワーク アドレス、またはポートのどれか 1 つのみを使用できます。 (10048)
could not read ok from ADB Server
* failed to start daemon *
error: cannot connect to daemon

USBを抜き差ししたり、adb.exeのプロセスをkillしたりすることでいつの間にか繋がったりしますが、タスクマネージャを起動したり、USB抜いたりするのは面倒です。

原因

前に起動していたadbサーバプロセスが正常終了しておらず、ポートを掴んでしまっているようです。

解決

adb kill-server、adb devicesを素早くやると認識されるようになります。

C:\src\ionic\awsomeapp>adb kill-server

C:\src\ionic\awsomeapp>adb devices
List of devices attached
adb server version (31) doesn't match this client (39); killing...
* daemon started successfully *
FA7761800334    device

端末IDが出てこない場合にも有効ですのでお試しください。

-android, windows, プチハマリ解決日記

執筆者:

関連記事

Stripe+Java+Payment Request APIでApple Pay、Google Payを使ったテストWeb決済をしてみる

自分で作ったサービスを運用してチャリンチャリンしたい・・・エンジニアならこんな夢、一度は見たことがあるんじゃないでしょうか。 夢を実現する為、以前Stripeのcheckout.jsを使ったテストWe …

Android+ChromeでlocalhostアクセスしてPCサーバへPort Forward(Fwdアプリ使用)

昨今はプライバシーの侵害防止、セキュリティ観点から、HTTPS環境下でないと使えないHTML5 APIが増えました。 反してAndroid7でオレオレ証明書に関する仕様が変わり、Android6だった …

git push時に「error: RPC failed; result=22, HTTP code = 501」エラー

目次1 事象2 原因3 対処4 まとめ 事象 オンプレGitLabへのgit push時に掲題のエラーが発生してpushに失敗します。 原因 git push時の1ファイル最大サイズは1Mbyteの為 …

AndroidからSQLiteのDBファイルを取り出す方法をAndroidソースから調べる

AndroidからDBファイルを取り出し、PCに持ってきて、「PupSQLite」や「DB Browser for SQLite」などのツールで内容を確認出来るようにします。 コマンドラインで自動取得 …

Angularのテンプレート評価式にビット演算を使うとTemplate parse errorが発生する

AngularのテンプレートHTMLでビット演算をすることは禁じられているので代替手段を考えます。 目次1 事象2 原因3 対処 事象 CSSクラスをビット演算で切り替えるテンプレートを書きました。c …

 

shingo.nakanishi
 

東京在勤、職歴20年越え中年ITエンジニアです。まだ開発現場で頑張っています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。

私と同じく、今後IT業界で生計を立てて行きたいと考えている方や、技術共有したいけどフリーランスで孤独、といった方と一緒に成長、知識共有して行けたら楽しいな、と思っています。