java maven

Maven環境別ビルド時、プロファイルの違いでdependencyを変える

投稿日:2019年5月14日

MavenのResourceFilteringを使い、production、staging、developmentとかで環境別ビルドしている時、ある環境ビルドの時だけ特定のライブラリを追加する、をmvnビルド時に自動化出来るようにします。

環境

  • java8
  • maven3

実現方法

profileの中にdependenciesを入れ子に出来ます。
このスコープで登録されたdependencyは他の環境ビルドに影響しません。

    <profiles>
        <profile>
            <id>development</id>
                :
                
        </profile>
        
        <profile>
            <id>staging</id>
            <properties>
                <jdbc.url>jdbc:postgresql://192.168.122.69:9999/hoge</jdbc.url>
                <jdbc.username>hoge</jdbc.username>
                <jdbc.password>hoge</jdbc.password>
                         :
                <proxy.use>true</proxy.use>
                <proxy.host>10.83.182.192</proxy.host>
                <proxy.port>8081</proxy.port>
            </properties>
            <dependencies>
                <dependency>
                    <groupId>org.javolution</groupId>
                    <artifactId>javolution</artifactId>
                    <version>5.3.1</version>
                </dependency>
            </dependencies>
        </profile>
                :

まとめ

開発期間が並走する、違うチームの開発jarと結合する場合、developmentではローカル作成したモックを使い、stagingでは開発された正式バージョンを使う。といった開発ルールにも適用出来ますね。

<profiles>
    <profile>
        <id>development</id>
        <dependencies>
            <dependency>
                <groupId>jp.co.awesomeapp</groupId>
                <artifactId>aaa_dev</artifactId>
                <version>1.0-SNAPSHOT</version>
                <type>jar</type>
            </dependency>
        </dependencies>
        <build>
            <finalName>awesomeapp_dev</finalName>
        </build>
    </profile>
    <profile>
        <id>staging</id>
        <dependencies>
            <dependency>
                <groupId>jp.co.awesomeapp</groupId>
                <artifactId>aaa</artifactId>
                <version>1.0</version>
                <type>jar</type>
            </dependency>
        </dependencies>
        <build>
            <finalName>awsomeapp</finalName>
        </build>
    </profile>
</profiles>

-java, maven

執筆者:

関連記事

JavaでRSA暗号を使う際にCRYPTREC暗号リストに足元をすくわれる可能性を回避する

標準的な暗号しか使わないケースでもJavaでRSAを使う時はBouncyCastleを入れておいた方が無難、という話です。 “ECB”という文字列がプログラム中にあると監査に引 …

StripeとJavaで単発Web決済を一通り流してみる

会社仕事でも個人ビジネスでも、商品やサービスの対価として利用者に課金方法を提供したい時があるかと思います。 最もメジャーな決済方法であるクレジットカードで課金してもらう仕組みを導入したいところですが、 …

IVS、サロゲートペアが混じった文字列をJavaのWebアプリでワードカウントする

(結論:java.text.BreakIteratorは「サロゲートペア文字 + IVS」の8バイト文字も1文字としてカウントしてくれる) 先日、IPAmj明朝フォントを使ってIVSを含んだUnico …

Doxygenでspring-frameworkをドキュメント化

以前にspring-frameworkのソースリーディングが出来る環境をOpenGrokで作りました。One IT ThingOpenGrokをインストールしてソースリーディング環境を作るhttps: …

ブラウザでRSA暗号化したデータをサーバで復号する(Angular + JSEncrypt、Spring MVC)【前編】

セキュリティ的にクリティカルなデータをクライアントブラウザで暗号化保存するようにしてみます。 通信経路はHTTPSで暗号化されていてもスマホに重要なデータが平文で残っていたら珠に傷です。 目次1 環境 …

 

shingo.nakanishi
 

東京在勤、1977年生まれ、IT職歴2n年、生涯技術者として楽しく生きることを目指しています。デスマに負けず健康第一。