PostgreSQL プチハマリ解決日記

スタンドアロンモードのPgAdmin4が開くデフォルトブラウザを変更

投稿日:2020年9月26日 更新日:

PostgreSQL公式GUIクライアントツールの「PgAdmin4」。

PostGISのgeometry型をWeb地図上に表示出来たり、サーバモードで起動すればチーム内で共通的に使えるPostgreSQLクライアントになってくれて非常に重宝します。

PgAdmin4が出てから結構な年月、Windows10にスタンドアロンで入れて使っていたのですが、ある日起動すると挙動がおかしくなっていました。

事象

PgAdmin4をスタンドアロン実行すると以下の順序で起動します。

  • localhostでpythonのHTTPサーバが起動
  • OSのデフォルトブラウザでクライアントページを開く

デフォルトのブラウザをChrome(85.0.4183.121)にしているので下記画像のように起動しますが、右クリック後のコンテキストメニューが消えずに残るようになってしまいました。

右クリックする度にF5して再描画しないと消えないという煩わしさ。どうしてこうなった・・・。

原因

F12でデベロッパーツールを起動してみると以下のエラーが出ていました。該当箇所のソースを見ると、再帰処理の結果、スタックがオーバーフローしているようです。

index.js:35 Uncaught RangeError: Maximum call stack size exceeded
    at Synchronizetion.window.requestAnimationFrame.window.setTimeout (index.js:35)
    at ce (vendor.main.js?ver=42600:2)
    at Synchronizetion.window.requestAnimationFrame.window.setTimeout (index.js:35)
    at ce (vendor.main.js?ver=42600:2)
    at Synchronizetion.window.requestAnimationFrame.window.setTimeout (index.js:35)
    at ce (vendor.main.js?ver=42600:2)
    at Synchronizetion.window.requestAnimationFrame.window.setTimeout (index.js:35)
    at ce (vendor.main.js?ver=42600:2)
    at Synchronizetion.window.requestAnimationFrame.window.setTimeout (index.js:35)
    at ce (vendor.main.js?ver=42600:2)
Synchronizetion.window.requestAnimationFrame.window.setTimeout @ index.js:35
ce @ vendor.main.js?ver=42600:2
Synchronizetion.window.requestAnimationFrame.window.setTimeout @ index.js:35

     :

PgAdmin4を4.11 → 4.26にバージョンアップしても変化無し。

6年ほど使っているPCで最近Chromeも重々しい挙動になっていて、どうもChromeが原因のようです。

PgAdmin4のフロントエンドソースを追っても無駄な気がしてきました。

対処

取りあえずChromeはデフォルトブラウザにしておきたいけど、PgAdmin4はChromeで開いてくれなくても良いので、個別設定して起動ブラウザをFireFoxに変えることにしました。

PgAdmin4を起動するとタスクメニューの中にPgAdmin4のアイコンが出来るのでこれを右クリック。「Configure…」を選択。

「Runtime」タブの「Browser Command」にFireFoxのexeとパラメータを設定。

“C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe” %URL%

「Fixed Port Number ?」も任意のポートに設定してあげます。(設定しないとブラウザでポート指定されず、開いてくれませんでした)

一度PgAdmin4を終了し、再起動するとFireFoxで起動するようになります。コンテキストメニューもしっかり消えてくれました。

ニッチな事象だと思いますが、遭遇した方は起動ブラウザ変更をお試しください。

(*)逆にChromeに変更したい場合はURLパラメータキーとして-appが必要です。

“C:\Program Files\Google\Chrome\Application\chrome.exe” –app=%URL%

-PostgreSQL, プチハマリ解決日記
-

執筆者:

関連記事

pgcryptoの有効化と共通鍵暗号の動作確認

PostgreSQLで「pgcrypto」拡張機能を有効にすると、PostgreSQLに保存するデータを暗号化出来るようになります。 INSERTする際、共通鍵暗号はpgp_sym_encrypt関数 …

Apple PayのMerchant Doamin設定がPendingになり、Verifiedにならなかった原因

開発しているWebシステム上でApple Payによるクレジットカード選択が出来るようにするには「Apple Developer Program」で「Merchant Domain」を設定します。 O …

PostgreSQL11に一般ユーザ権限でサンプルDB「dvdrental」をpg_restore

データベースインストール後にサンプルデータを投入することで、DBをバックエンドにして動作する他ミドルの検証が楽になったりすることがあります。 それぞれのデータベースで代表的なサンプルデータセットの存在 …

PostgreSQL エポックタイムカラムを今月初~今月末で範囲検索

エポックタイムは1970年1月1日 0時0分0秒から現在までの秒数。 PostgreSQLではこれを人間に読みやすいTIMESTAMP型(’2019-09-04 00:00:00&#821 …

nvm-windows1.1.6でNode.jsを入れようとするとnpmコマンドのインストールがエラーになる

目次1 事象2 原因3 対処4 まとめ 事象 Win10、nvm-windows 1.1.6環境下でNode.js 10.16.0を入れようとした際に以下のエラーが発生。 C:\src\js\angu …

 

shingo.nakanishi
 

東京在勤、職歴20年越え中年ITエンジニアです。まだ開発現場で頑張っています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。

私と同じく、今後IT業界で生計を立てて行きたいと考えている方や、技術共有したいけどフリーランスで孤独、といった方と一緒に成長、知識共有して行けたら楽しいな、と思っています。