network

インターネット速度テストサービスの結果を比較してみる

投稿日:2019年8月15日

「インターネット疎通の速度が帯域通りになっているか確かめたい」

仕事でもプライベートでもそんなニーズがあります。

数多あるインターネット速度計測サービスを試してみて「日本国内で使う場合、最も正確な速度テストサービスはどれなのか」調査してみました。

結論としては「Googleがあればもう他は要らない」のかも知れません。

計測条件

計測環境は上り100Mbps、下り100Mbpsの光回線です。

  1. 調査対象サービスは「internet speed test」でググり、トップ10に出るサービス
  2. 3回計測して中央値を取る
  3. 上り下り100Mbpsに近いものを重視
  4. ブレが無く、何回やっても結果が近いものを重視
  5. 上記を満たし、上り下り合計が200Mbpsに近いかどうかで順位付け

計測時のインターネット状況や、地域、国によって結果は異なってくると思いますが、基本方針はこれで行きます。

10位 「Xfinity Speed Test」(94.0Mbps )

http://speedtest.xfinity.com/

下り:90.2Mbps
上り: 3.8Mbps
合計:94.0Mbps

サーバが遠いのか上り帯域が狭いルータが挟まっているのか、何回やっても上りが低く計測されてしまいます。

日本からのアクセスに限ってのこと知れませんが合計値で最下位。

9位「AT&T Internet Speed Test」(108.3Mps )

http://speedtest.att.com/speedtest/

下り:80.1Mbps
上り:28.2Mpbs
合計:108.3Mps

下りは実値よりも低めで安定するも、上りは20Mbpsだったり、時には100Mbps超えたりして安定しません。速い時と遅い時のブレ方がダイナミックなじゃじゃ馬。

8位「Telstra Speed Test」(121.4Mbps)

https://speedtest.telstra.com/

下り:81.9Mbps
上り:39.5Mbps
合計:121.4Mbps

結果は安定してるけど実値よりもかなり低め。

7位「 CenturyLink Internet Speed Test」(139.2Mbps)

下り:79.7Mbps
上り:59.5Mbps
合計:139.2Mbps

前のTelstraと同傾向。安定してるけど値が低い。

6位「Spectrum Internet Speed Test」(146.5Mbps)

https://www.spectrum.com/internet/speed-test.html

下り:55.1Mbps
上り:91.4Mbps
合計:146.5Mbps

下りが低めな奇行種。
下りの結果は安定しませんが、上りは90Mbpsあたりで安定しています。

5位「FAST」(165Mbps)

https://fast.com/ja/#

下り:93Mbps
上り:72Mbps
合計:165Mbps

結果は安定していますが、上りが低め。
8位、7位のTelstra、CenturyLinkと同タイプ。

4位「speedtest.net」(186.33Mps)

https://www.speedtest.net/

下り:91.74Mbps
上り:94.59Mbps
合計:186.33Mps

結果は安定。値も100Mbps近い近似値。

3位「google インターネット速度テスト」(186.8Mbps)

下り:93.7Mbps
上り:93.1Mbps
合計:186.8Mbps

google検索で「internet speed test」とググると一番上に出てくるイースターエッグ的な機能。計測サーバの所在も東京と近く、安定度は抜群です。

2位「meter.net」(188.26Mbps)

下り:94.27Mbps
上り:93.99Mbps
合計:188.26Mbps

結果は安定しています。
このサービスでは全体順位や世界平均も見ることが出来ます。

因みにこのサービスの世界平均は下り38.4Mbps、上り17.6Mbps。
日本のITインフラは安定していますね。上図の棒グラフでもトップクラスでした。

1位「speedcheck.org」(195.08Mbps)

https://www.speedcheck.org/

下り:96.18Mbps
上り:98.9Mbps
合計:195.08Mbps

安定してますが上ブレして100Mbps超えたりすることも多々。
若干ゲタを履かされてる感が無きにしも非ずですが、総合トップとなりました。

top4は計測結果がブレない

今回の計測では以下の順位でした。

  1. speedcheck.org
  2. meter.net
  3. google インターネット速度テスト
  4. speedtest.net

計測サーバにアクセスする為に太平洋を渡ったり、ルータを何ホップもするとブレが出てきますが、上位4つは殆どブレがありませんでした。

ベスト4の差はほぼほぼ誤差の範囲内で、再度別環境で再計測してみると順位が前後してくるかと思います。

また、順位が低かったサービスも米国では安定していたりするのかも知れませんし、日本に計測サーバを置けば一気に信頼性の有るサービスに変わるかも知れません。

実行する国や時期によって結果は異なりそうですが、今のところ日本で使う分にはこの4つを知っていれば安定した計測が出来ることが分かりました。

-network
-

執筆者:

関連記事

グローバルIPアドレスの確認をコマンド化する

「Dynamic DNSサービスで定期的にDNS更新をしなきゃいけないけど、固定IPじゃなくて変わった時に調べるのが煩わしい」 といった時に手作業が発生しないようにWeb APIがあるサービスを使って …

JavaとPerlでUDPソケット通信

目次1 はじめに2 対象読者3 実装3.1 UDPサーバ(Perl)3.2 UDPクライアント(Java)3.3 実行4 まとめ はじめに 本棚を整理していたらラクダ本が出てきました。うわー懐かしい、 …

宅内CentOS8にSoftEtherをインストールしてインターネット外部からLAN参加出来るVPN環境を無料で作る

2020/04現在、COVID-19の影響を受けて自宅から会社のVPNに繋いでリモートワークに移行している方も増えてきたんじゃないでしょうか。(残念ながら私はまだ出社必須ですが(-_-; そもそも、も …

SSHトンネルを使ってリモートデータベースをBI

クラウド上のDB分析環境構築を想定して、ローカルPCにSSHトンネル(ポートフォワード)環境を作ります。 リモートDBポートにクラウド外からセキュアに接続できれば、クラウドにBIツールを入れる手間が省 …

whoisコマンドで新興TLDのドメイン創設日を調べる

各ドメインの情報は属するトップレベルドメイン(.jpなど)が管理するDNSサーバによって管理されています。この情報を辿って指定したドメインの情報を参照する仕組みが「whois」です。 最近は各トップレ …

 

shingo.nakanishi
 

東京在勤、1977年生まれ、IT職歴2n年、生涯技術者として楽しく生きることを目指しています。デスマに負けず健康第一。