One IT Thing

IT業界を楽しむ為の学習系雑記

android

Android操作動画をGIF画像化する(Windows編)

投稿日:2019年6月12日 更新日:

Web上のスマホ操作説明に動画を入れ、直感的で分かり易くしたいことがあります。

Android + Windows環境かつ無料で行う場合は「AZ スクリーンレコーダー」と「openAVItoGIF」の組み合わせが、操作が簡単、かつ比較的クオリティの高いGIFを作成することができます。

環境

  • 録画:Android 7.1 (AZ スクリーンレコーダー)
  • GIF化:Windows 10(openAVItoGIF)

AZ スクリーンレコーダーで動画を撮る

出来上がった動画にウォーターマークが入らず、動画の質、機能的にも素晴らしい、Androidではデファクトスタンダードな動画キャプチャアプリです。

インストールして起動すると、画面左側に起動アイコンが現れます。

起動アイコンをクリックするとカメラ、動画などを選ぶアイコンが出ます。一番右の赤背景アイコンをクリックします。

「今すぐ開始」をクリックすると動画撮影が始まります。音声も入るのでゲーム動画撮影に使われることもあるようです。

操作が終了したら画面上部を下にスワイプし、下図の停止(■)ボタンをクリックするとAndroidストレージ直下「AzRecorderFree」ディレクトリにMP4動画ファイルが出来上がります。後はUSBなりWiFiなりでPCに動画ファイルを持ってきます。

AZ スクリーンレコーダーの起動アイコンは一度起動するとずっと画面上に出続けます。消したい場合は画面上部をスワイプして「×」ボタンをクリックします。

openAVItoGIFでGIF化

以下のサイトで「Download」ボタンをクリック、解凍します。

openAviToGif.exeを実行すると以下の画面が立ち上がるので、AZ スクリーンレコーダーで撮影した動画ファイルをエクスプローラからドラッグ&ドロップします。

行をダブルクリックするか「Edit」ボタンをクリックし、設定を行います。

Start、EndでGIF化する動画部分を決めます。K-means iterationsで品質が変わるのでお好みで設定します。Output resolutionが大きすぎると出力されたGIFがアニメーションしない場合があります。その場合は少し小さめに設定し直してみてください。

出来上がったGIF

まとめ

openAVItoGIFはGIF化する動画の時間幅を決められる為、動画編集する必要が無くて便利です。

AZスクリーンレコーダー単体でGIF化出来るのですが、この作業はPCで行った方が品質が上がる気がします。

出来上がったものの印象で使い分ければ良いかな、と思います。

-android
-,

執筆者:

関連記事

adb devicesコマンドでAndroid端末を認識しない

目次1 事象2 原因3 解決 事象 USB接続するAndroidによって以下のエラーが出たりします。 C:\src\ionic\awsomeapp>adb devices List of dev …

Termuxで動作が確認できたターミナルゲーム4つ

Android端末をroot化せずにLinux環境を独自構築する神アプリ「Termux」。  play.google.comTermux – Apps on Google Playhttps …

PWAストアの実現性についての考察

(*)この記事内では「Google Play」、「App Store」、「Microsoft Store」で公開されているアプリを「ストアアプリ」と呼んでいます。 先日B2Bアプリはストアアプリにする …

AndroidからSQLiteのDBファイルを取り出す方法をAndroidソースから調べる

AndroidからDBファイルを取り出し、PCに持ってきて、「PupSQLite」や「DB Browser for SQLite」などのツールで内容を確認出来るようにします。 コマンドラインで自動取得 …

History APIを使ってIonic(3以前のSPA)でブラウザの戻るボタンやAndroidバックキーを押すと前サイトに戻ってしまう件に対応する

Ionic2や3ではまだAngular Routerを採用していなかったので、ページ遷移をしてもブラウザ履歴が積まれず、Androidのバックキーやブラウザの戻るボタンを押すとサイトに入ってくる前のペ …


shingo nakanishi。東京で消耗中の職歴20年越え中年ITエンジニアです。「生涯現役プログラマを楽しむ」ことができる働き方探しをライフワークにしています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。