One IT Thing

IT業界で飯を食う為の学習系雑記

java

IVS対応フォント「IPAmj明朝」で使えるフォントをWeb上に一覧表示してみる(2)

投稿日:2019年7月4日 更新日:

前回の続きです。

IPAmj明朝がフォント字体として表示出来るUnicodeとIVSをリストアップしてみたいと思います。

MJ文字情報一覧表をダウンロードする

IPAのサイトから「mji.00601-xlsx.zip」をダウンロードしてきます。

zipを解凍してxlsxを開いてみます。

こんな感じで字体、Unicode、IVSの対応が分かります。

(*)fontが化ける場合はIPAmj明朝をダウンロードしてPCにインストールしてください。

Unicodeリストアップ処理を実装する

Apache POIをMaven依存に追加

JavaでExcelシートを読み込む為に「Apache POI」をpom.xmlに加えます。

        <dependency>
            <groupId>org.apache.poi</groupId>
            <artifactId>poi</artifactId>
            <version>4.1.0</version>
        </dependency>

        <dependency>
            <groupId>org.apache.poi</groupId>
            <artifactId>poi-ooxml</artifactId>
            <version>4.1.0</version>
        </dependency>

Java実装

読み取ったUnicode、IVSは後からWEBで使えるようにエスケープしています。

package com.example.demo;

import java.io.BufferedWriter;
import java.io.File;
import java.io.FileWriter;
import java.io.IOException;
import java.io.PrintWriter;
import java.util.Iterator;

import org.apache.poi.EncryptedDocumentException;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Cell;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Row;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Sheet;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Workbook;
import org.apache.poi.ss.usermodel.WorkbookFactory;

public class MJUnicodeExtractor {

    enum COLUMN {
        COL_TARGET_UCS(3), COL_IVS(5);

        private int number;

        public int getNumber() {
            return this.number;
        }

        private COLUMN(int number) {
            this.number = number;
        }
    }

    public MJUnicodeExtractor(String xlsxFileName) throws EncryptedDocumentException, IOException {
        Sheet sheet = fetchSheet(xlsxFileName);
        createAllFontCsv(sheet);
    }

    private Sheet fetchSheet(String xlsxFileName) throws EncryptedDocumentException, IOException {
        Workbook workbook = WorkbookFactory.create(new File(xlsxFileName));
        Sheet sheet = workbook.getSheetAt(0);

        return sheet;
    }

    public void createAllFontCsv(Sheet sheet) throws IOException {
        FileWriter fw = new FileWriter("allunicode.lst", false);
        PrintWriter pw = new PrintWriter(new BufferedWriter(fw));

        Iterator<Row> rows = sheet.rowIterator();

        // ヘッダ行読み飛ばし
        rows.next();

        while (rows.hasNext()) {
            Row row = rows.next();

            // 「対応するUCS」カラム読み取り
            Cell targetUcsCell = row.getCell(COLUMN.COL_TARGET_UCS.getNumber());
            String targetUcsCode = getStringCellValue(targetUcsCell);
            if(targetUcsCode.length() == 0) {
                continue;
            }
            targetUcsCode = "&#x" + targetUcsCode.split("\\+")[1];

            // 「実装したMoji_JohoコレクションIVS」カラム読み取り
            Cell ivsCell = row.getCell(COLUMN.COL_IVS.getNumber());
            String ivsCellValue = getStringCellValue(ivsCell);

            if(ivsCellValue.indexOf(";") > 0) {
                ivsCellValue = ivsCellValue.split(";")[0];
            }

            // IVSを抽出
            String ivsCode = "";
            if(ivsCellValue.length() != 0) {
                ivsCode =  "&#x" + ivsCellValue.split("_")[1];
            }

            System.out.println(targetUcsCode + ivsCode);
            pw.print(targetUcsCode + ivsCode);
            pw.println();
        }
        pw.close();
    }

    private String getStringCellValue(Cell cell) {
        String val = "";
        if(cell != null) {
            val = cell.getStringCellValue();
        }

        return val;
    }

    public static void main(String[] args) throws EncryptedDocumentException, IOException {
        new MJUnicodeExtractor("mji.00601.xlsx");
    }
}

実行結果

プロジェクト直下に「allunicode.lst」ファイルが出力されます。エスケープしたUnicodeとIVSを連結して一行ずつ出しています。未実装なものや基となるUnicode文字が無いものは読み飛ばしているので58859行になりました。

    (snip)

&#x845B&#xE0102
&#x845B&#xE0103
&#x845B&#xE0107
&#x845B&#xE0106
&#x845B&#xE0108
&#x845B&#xE0104

    (snip)

「葛(0x845B)」に字体を変化させるIVSが0xE0102・・・と続いているのが分かります。

まとめ

MJ文字情報一覧ExcelファイルからIPAmj明朝で表示出来るフォントのUnicodeリストが出来ました。

次回はこのリストを元にWeb上でフォント表示してみます。

-java
-, ,

執筆者:

関連記事

JUnitコードの自動生成も出来る古の神Eclipseプラグイン「CodeProAnalytix」は今でも使える

デスマーチPM「各社のPG進捗が遅れていてユニットテストを書く暇が全く無いんですよ、なにかいい手は有りませんかね・・・? 因みに本プロジェクトはカバレッジ100%で請け負っています!(キリッ)」 何故 …

Javascript(暗号化JSライブラリ「Forge」)とp12ファイルで署名値を作成、Javaで検証する

前回、送信データの改ざんを検知する為、簡易的なセキュリティトークンであるPKCS#12形式のファイルを作成しました。  One IT Thing開発用のPKCS#12ファイルをOpenSSL …

Jerseyで開発したRESTで任意リファラからのCORSアクセスを許可する

package jp.hoge.filter; import java.util.Properties; import javax.servlet.http.HttpServletRequest; i …

Doxygenでspring-frameworkをドキュメント化

以前にspring-frameworkのソースリーディングが出来る環境をOpenGrokで作りました。 One IT ThingOpenGrokをインストールしてソースリーディング環境を作る …

StripeとJavaで単発Web決済を一通り流してみる

会社仕事でも個人ビジネスでも、商品やサービスの対価として利用者に課金方法を提供したい時があるかと思います。 最もメジャーな決済方法であるクレジットカードで課金してもらう仕組みを導入したいところですが、 …

 

shingo.7k24
 

東京在勤、職歴20年越え中年ITエンジニアです。まだ開発現場で頑張っています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。

私と同じく、今後IT業界で生計を立てて行きたいと考えている方や、技術共有したいけどフリーランスで孤独、といった方と一緒に成長、知識共有して行けたら楽しいな、と思っています。