java

IVS対応フォント「IPAmj明朝」で使えるフォントをWeb上に一覧表示してみる(2)

投稿日:2019年7月4日

前回の続きです。

IPAmj明朝がフォント字体として表示出来るUnicodeとIVSをリストアップしてみたいと思います。

MJ文字情報一覧表をダウンロードする

IPAのサイトから「mji.00601-xlsx.zip」をダウンロードしてきます。

zipを解凍してxlsxを開いてみます。

こんな感じで字体、Unicode、IVSの対応が分かります。

(*)fontが化ける場合はIPAmj明朝をダウンロードしてPCにインストールしてください。

Unicodeリストアップ処理を実装する

Apache POIをMaven依存に追加

JavaでExcelシートを読み込む為に「Apache POI」をpom.xmlに加えます。

        <dependency>
            <groupId>org.apache.poi</groupId>
            <artifactId>poi</artifactId>
            <version>4.1.0</version>
        </dependency>

        <dependency>
            <groupId>org.apache.poi</groupId>
            <artifactId>poi-ooxml</artifactId>
            <version>4.1.0</version>
        </dependency>

Java実装

読み取ったUnicode、IVSは後からWEBで使えるようにエスケープしています。

package com.example.demo;

import java.io.BufferedWriter;
import java.io.File;
import java.io.FileWriter;
import java.io.IOException;
import java.io.PrintWriter;
import java.util.Iterator;

import org.apache.poi.EncryptedDocumentException;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Cell;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Row;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Sheet;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Workbook;
import org.apache.poi.ss.usermodel.WorkbookFactory;

public class MJUnicodeExtractor {

    enum COLUMN {
        COL_TARGET_UCS(3), COL_IVS(5);

        private int number;

        public int getNumber() {
            return this.number;
        }

        private COLUMN(int number) {
            this.number = number;
        }
    }

    public MJUnicodeExtractor(String xlsxFileName) throws EncryptedDocumentException, IOException {
        Sheet sheet = fetchSheet(xlsxFileName);
        createAllFontCsv(sheet);
    }

    private Sheet fetchSheet(String xlsxFileName) throws EncryptedDocumentException, IOException {
        Workbook workbook = WorkbookFactory.create(new File(xlsxFileName));
        Sheet sheet = workbook.getSheetAt(0);

        return sheet;
    }

    public void createAllFontCsv(Sheet sheet) throws IOException {
        FileWriter fw = new FileWriter("allunicode.lst", false);
        PrintWriter pw = new PrintWriter(new BufferedWriter(fw));

        Iterator<Row> rows = sheet.rowIterator();

        // ヘッダ行読み飛ばし
        rows.next();

        while (rows.hasNext()) {
            Row row = rows.next();

            // 「対応するUCS」カラム読み取り
            Cell targetUcsCell = row.getCell(COLUMN.COL_TARGET_UCS.getNumber());
            String targetUcsCode = getStringCellValue(targetUcsCell);
            if(targetUcsCode.length() == 0) {
                continue;
            }
            targetUcsCode = "&#x" + targetUcsCode.split("\\+")[1];

            // 「実装したMoji_JohoコレクションIVS」カラム読み取り
            Cell ivsCell = row.getCell(COLUMN.COL_IVS.getNumber());
            String ivsCellValue = getStringCellValue(ivsCell);

            if(ivsCellValue.indexOf(";") > 0) {
                ivsCellValue = ivsCellValue.split(";")[0];
            }

            // IVSを抽出
            String ivsCode = "";
            if(ivsCellValue.length() != 0) {
                ivsCode =  "&#x" + ivsCellValue.split("_")[1];
            }

            System.out.println(targetUcsCode + ivsCode);
            pw.print(targetUcsCode + ivsCode);
            pw.println();
        }
        pw.close();
    }

    private String getStringCellValue(Cell cell) {
        String val = "";
        if(cell != null) {
            val = cell.getStringCellValue();
        }

        return val;
    }

    public static void main(String[] args) throws EncryptedDocumentException, IOException {
        new MJUnicodeExtractor("mji.00601.xlsx");
    }
}

実行結果

プロジェクト直下に「allunicode.lst」ファイルが出力されます。エスケープしたUnicodeとIVSを連結して一行ずつ出しています。未実装なものや基となるUnicode文字が無いものは読み飛ばしているので58859行になりました。

    (snip)

&#x845B&#xE0102
&#x845B&#xE0103
&#x845B&#xE0107
&#x845B&#xE0106
&#x845B&#xE0108
&#x845B&#xE0104

    (snip)

「葛(0x845B)」に字体を変化させるIVSが0xE0102・・・と続いているのが分かります。

まとめ

MJ文字情報一覧ExcelファイルからIPAmj明朝で表示出来るフォントのUnicodeリストが出来ました。

次回はこのリストを元にWeb上でフォント表示してみます。

-java
-, ,

執筆者:

関連記事

JavaコアAPI数の遷移をChart.jsでグラフ化してみる

chart.jsの試用を兼ねてJavaバージョンが上がるごとに標準搭載されているAPI数がどう変化しているか調べました。 目次1 調査結果2 グラフ化3 不要なAPIは外部化の傾向 調査結果 Orac …

JavaでRSA暗号を使う際にCRYPTREC暗号リストに足元をすくわれる可能性を回避する

標準的な暗号しか使わないケースでもJavaでRSAを使う時はBouncyCastleを入れておいた方が無難、という話です。 “ECB”という文字列がプログラム中にあると監査に引 …

Stripe+Java+Payment Request APIでApple Pay、Google Payを使ったテストWeb決済をしてみる

自分で作ったサービスを運用してチャリンチャリンしたい・・・エンジニアならこんな夢、一度は見たことがあるんじゃないでしょうか。 夢を実現する為、以前Stripeのcheckout.jsを使ったテストWe …

Doxygenでspring-frameworkをドキュメント化

以前にspring-frameworkのソースリーディングが出来る環境をOpenGrokで作りました。One IT ThingOpenGrokをインストールしてソースリーディング環境を作るhttps: …

H2 Databaseで生成したSHA256値をJavaで生成したSHA256値と比較してみる

ファイル、サーバ、メモリ、様々な動作形態がとれてプロトタイピングや、配布アプリの組み込みDBとして便利に使えるPure Javaデータベースの「H2」。 h2database.com  2 …

 

shingo.nakanishi
 

東京在勤、1977年生まれ、IT職歴2n年、生涯技術者として楽しく生きることを目指しています。デスマに負けず健康第一。