One IT Thing

IT業界を楽しむ為の学習系雑記

java

IVS対応フォント「IPAmj明朝」で使えるフォントをWeb上に一覧表示してみる(2)

投稿日:2019年7月4日 更新日:

前回の続きです。

IPAmj明朝がフォント字体として表示出来るUnicodeとIVSをリストアップしてみたいと思います。

MJ文字情報一覧表をダウンロードする

IPAのサイトから「mji.00601-xlsx.zip」をダウンロードしてきます。

zipを解凍してxlsxを開いてみます。

こんな感じで字体、Unicode、IVSの対応が分かります。

(*)fontが化ける場合はIPAmj明朝をダウンロードしてPCにインストールしてください。

Unicodeリストアップ処理を実装する

Apache POIをMaven依存に追加

JavaでExcelシートを読み込む為に「Apache POI」をpom.xmlに加えます。

        <dependency>
            <groupId>org.apache.poi</groupId>
            <artifactId>poi</artifactId>
            <version>4.1.0</version>
        </dependency>

        <dependency>
            <groupId>org.apache.poi</groupId>
            <artifactId>poi-ooxml</artifactId>
            <version>4.1.0</version>
        </dependency>

Java実装

読み取ったUnicode、IVSは後からWEBで使えるようにエスケープしています。

package com.example.demo;

import java.io.BufferedWriter;
import java.io.File;
import java.io.FileWriter;
import java.io.IOException;
import java.io.PrintWriter;
import java.util.Iterator;

import org.apache.poi.EncryptedDocumentException;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Cell;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Row;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Sheet;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Workbook;
import org.apache.poi.ss.usermodel.WorkbookFactory;

public class MJUnicodeExtractor {

    enum COLUMN {
        COL_TARGET_UCS(3), COL_IVS(5);

        private int number;

        public int getNumber() {
            return this.number;
        }

        private COLUMN(int number) {
            this.number = number;
        }
    }

    public MJUnicodeExtractor(String xlsxFileName) throws EncryptedDocumentException, IOException {
        Sheet sheet = fetchSheet(xlsxFileName);
        createAllFontCsv(sheet);
    }

    private Sheet fetchSheet(String xlsxFileName) throws EncryptedDocumentException, IOException {
        Workbook workbook = WorkbookFactory.create(new File(xlsxFileName));
        Sheet sheet = workbook.getSheetAt(0);

        return sheet;
    }

    public void createAllFontCsv(Sheet sheet) throws IOException {
        FileWriter fw = new FileWriter("allunicode.lst", false);
        PrintWriter pw = new PrintWriter(new BufferedWriter(fw));

        Iterator<Row> rows = sheet.rowIterator();

        // ヘッダ行読み飛ばし
        rows.next();

        while (rows.hasNext()) {
            Row row = rows.next();

            // 「対応するUCS」カラム読み取り
            Cell targetUcsCell = row.getCell(COLUMN.COL_TARGET_UCS.getNumber());
            String targetUcsCode = getStringCellValue(targetUcsCell);
            if(targetUcsCode.length() == 0) {
                continue;
            }
            targetUcsCode = "&#x" + targetUcsCode.split("\\+")[1];

            // 「実装したMoji_JohoコレクションIVS」カラム読み取り
            Cell ivsCell = row.getCell(COLUMN.COL_IVS.getNumber());
            String ivsCellValue = getStringCellValue(ivsCell);

            if(ivsCellValue.indexOf(";") > 0) {
                ivsCellValue = ivsCellValue.split(";")[0];
            }

            // IVSを抽出
            String ivsCode = "";
            if(ivsCellValue.length() != 0) {
                ivsCode =  "&#x" + ivsCellValue.split("_")[1];
            }

            System.out.println(targetUcsCode + ivsCode);
            pw.print(targetUcsCode + ivsCode);
            pw.println();
        }
        pw.close();
    }

    private String getStringCellValue(Cell cell) {
        String val = "";
        if(cell != null) {
            val = cell.getStringCellValue();
        }

        return val;
    }

    public static void main(String[] args) throws EncryptedDocumentException, IOException {
        new MJUnicodeExtractor("mji.00601.xlsx");
    }
}

実行結果

プロジェクト直下に「allunicode.lst」ファイルが出力されます。エスケープしたUnicodeとIVSを連結して一行ずつ出しています。未実装なものや基となるUnicode文字が無いものは読み飛ばしているので58859行になりました。

    (snip)

&#x845B&#xE0102
&#x845B&#xE0103
&#x845B&#xE0107
&#x845B&#xE0106
&#x845B&#xE0108
&#x845B&#xE0104

    (snip)

「葛(0x845B)」に字体を変化させるIVSが0xE0102・・・と続いているのが分かります。

まとめ

MJ文字情報一覧ExcelファイルからIPAmj明朝で表示出来るフォントのUnicodeリストが出来ました。

次回はこのリストを元にWeb上でフォント表示してみます。

-java
-, ,

執筆者:

関連記事

SpringBootアプリにBootstrap4を追加(WebJars使用)

SpringBootにCSSやJSを追加する場合は概ね以下のパターンがあるんじゃないかと思います。(bowerはもう使わない方向で) CDNで外部から読み込む<script src=&#8221 …

JavaとPerlでUDPソケット通信

目次1 はじめに2 対象読者3 実装3.1 UDPサーバ(Perl)3.2 UDPクライアント(Java)3.3 実行4 まとめ はじめに 本棚を整理していたらラクダ本が出てきました。うわー懐かしい、 …

JavaとPerlでTCPソケット通信

目次1 はじめに2 対象読者3 実装3.1 TCPサーバ(Perl)3.2 TCPクライアント(Java)3.3 実行4 まとめ はじめに 前回の続きです。 One IT ThingJava …

ブラウザでRSA暗号化したデータをサーバで復号する(Angular + JSEncrypt、Spring MVC)【前編】

セキュリティ的にクリティカルなデータをクライアントブラウザで暗号化保存するようにしてみます。 通信経路はHTTPSで暗号化されていてもスマホに重要なデータが平文で残っていたら珠に傷です。 目次1 環境 …

Doxygenでspring-frameworkをドキュメント化

以前にspring-frameworkのソースリーディングが出来る環境をOpenGrokで作りました。 One IT ThingOpenGrokをインストールしてソースリーディング環境を作る …


shingo nakanishi。東京で消耗中の職歴20年越え中年ITエンジニアです。「生涯現役プログラマを楽しむ」ことができる働き方探しをライフワークにしています。

19歳(1996年)から書き始めた個人日記が5,000日を超え、残りの人生は発信をして行きたいと思い、令和元日からこのサイトを開始しました。勉強と試行錯誤をしながら、自分が経験したIT関連情報を投稿しています。